Categories

Latest Posts

グローバル化する世界と食の変化。コーヒーも投資対象?

 「スタバは無いが砂場がある。」と言ったのは鳥取県知事ですが、グローバル化の中世界的にチェーン展開をしているコーヒー・ショップ「スターバックス」の店舗が無いことはグローバル化の世界から取り残されていると言う感覚が多くの人にあるようです。
 現在グローバル化の急速な進展で多くの新興国が現れ世界中の人々の生活が豊かになりつつあります。当然、グローバリゼーションと呼ばれる情報と流通の進化によって世界中の人たちがコーヒーを飲み、コーヒーへの需要が今後増々増大すると期待されています。コモディティ(一次産品)への先物投資/投機は昔からありましたが、今コヒーがコモディティ投資の対象として注目されています。
 農産物への先物投資は天候等の激変によってその相場が乱高下するリスクが大きい為、一般投資家は参入を躊躇するのが普通でしょう。そこで今注目されている金融商品がコモディティファンドと呼ばれる投資信託です。農産物の種類によって同一の天候異変によってもその収穫への影響の受け方は様々です。複数の先物を組み合わせる投資信託ならば天候その他の異変によるリスクを減らすことができます。またコモディティの相場変化は株、債券のような金融商品とは違う値動きをしますので、これを投資対象に加えポートフォリオを組めばさらにリスクヘッジの効果が高まります。
 急速なグローバリゼーションの中、世界の人達の食にも変化が表れています。その中でコモディディーへの投資の有り方も大きく変わりつつあります。その中でもコーヒーが注目を集めていることはとても興味深いです。コーヒーは嗜好品ですから世界の人達が豊かになった証なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>